MENU

高齢出産のリスクの捉え方


最近は高齢出産というワードに出会う機会も珍しいものではなくなってきています。

 

年々子供を産む女性の年齢が上がってきていますが、実際に高齢出産と呼ばれる年齢とは一体何歳からなのでしょうか。

 

一般的に高齢出産は35歳以上で初産を迎える場合を指すようでが、かと言って30歳であれば大丈夫、34歳であればあと1年ある...という問題ではないような気がします。

 

確かに卵細胞の数には限りがあり、もともと持っているもの以上の数を新しく生み出すことができないという観点から考えれば、やはり年齢の上昇と共にリスクが高まっていくということは紛れも無い事実です。

 

でもだからと言って、たとえ高齢出産に値するような年齢であったとしても、ただ単に出産はリスクが高いこととして片付けられてしまうのは少し違うような気もします。

 

事実、実年齢よりも見た目や体内年齢が驚くほどに若いような方も老けている方もいるものです。

 

同様に出産のリスクに関しても個人差があるもので、単純に年齢だけでは決定付けられないものがあるはずです。

 

年齢を気にして自信をなくしてしまったり大きな不安を抱えてしまうよりも、どうすればリスクを減らした出産を実現できるのか、自分の年齢であっても努力で変えられることはないのか模索し実行していくことで、変えられる未来があるのではないでしょうか。

 

ここではそんな未来のためのヒントをご紹介していきたいと思います。