MENU

基礎体温計の使用


排卵検査薬は基礎体温計と併せて使用することで、しっかりと排卵できているかどうかをより正確に把握することができます。

 

女性の体は排卵期を境に低温期と高温期に分かれますが、基礎体温計を用いるとそのタイミングを知ることができます。

 

排卵がしっかり行われているとグラフが綺麗に二相になるのです。

 

生理後2週間程度で高温期に入るのが確認出来れば、基本的には排卵は行われたと考えても問題ありません。

 

ただし排卵期を機に高温期へと移行するので、排卵のタイミングをあらかじめ知る上では基礎体温計は不利な一面があります。

 

高温期に入った段階で排卵は行われたということになりますので、この時点で受精をしてもタイミングを逃している場合が多いと言えるでしょう。

 

しかし排卵検査薬があれば、基礎体温計の欠点を補えるのでタイミングを逃す可能性も低減させることができます。

 

また、基礎体温計は婦人系の病気を特定するのにも役立つアイテムになります。

 

例えば日ごろから生理不順などの心配があってもしかしたら何か婦人病を患っているのではないか?という不安がある場合には、基礎体温計のデータが病気の特定に繋がるケースがあります。

 

治療方針を決める上での手がかりになることもありますので、そういった意味では基礎体温計は非常に重要なアイテムになります。

 

更に女性の中には生理前には太って、生理が終わる頃からまた痩せ始めるといったパターンを繰り返している方も存在します。

 

これは女性ホルモンの変化に伴うものなのですが、このリズムを上手に把握し体型維持をする上でも基礎体温計は役立ちます。

 

いずれにしても、女性が持っていて損のないアイテムと言えるのが基礎体温計です。

 

現在の基礎体温計はデータの管理も簡単だったり、生理予測や排卵期予測機能も充実していたり、測定時間も短く済むなど使い勝手の良い製品が増えてきていますので、排卵検査薬と合わせて一度チェックしてみることをお勧めします。