ドクターズチョイスで人気の排卵検査薬とは?  

 

海外製の排卵検査薬を、個人輸入して使っている日本人女性は、意外と多いと聞きます。日本にも排卵検査薬はいくつか売っているのに、なぜわざわざ海外製のものを、と最初は疑問に思いましたが、購入手続きが簡単だからというのが主な理由とのことでした。

 

具体的には、日本だと調剤薬局にしか排卵検査薬は売っていないため、住んでいる地域によっては中々買うのに苦労するそうです。一方、個人輸入なら、ネットの輸入代行サイトが今では充実しているため、通販と同じような感じで24時間365日何時でも好きなだけ、簡単に購入することができます。

 

ちなみに、個人輸入代行サイトで特に利用率が高いのは、ドクターズチョイスと聞きます。では、そのドクターズチョイスの中では、どの排卵検査薬が人気なのでしょうか?調べたところ、最近では「クリアブルーイージーデジタル」の人気が上昇中だと分かりました。

 

なんでも、これはデジタル式の排卵検査薬で、尿をかければ後は全部機械で処理、判断してくれるのだとか。そのため、使用者は電子画面に表示されるマークが、陰性か陽性かを確かめるだけで良いみたいです。また、陽性を示すのも排卵の48時間前と、他排卵検査薬に比べて時間的余裕がある点も魅力とのことでした。

 

 

30歳は女性の分岐点

 

30歳の女性って、仕事を続けようか、子供をそろそろ生もうか、すごく悩むようになってきます。
共働きをしている女性が増えているので、やっぱり仕事に対する情熱を持っている人は、いつ子供を生むかっていうのが大事になってきます。
妊活を始めれば、やっぱりそれだけ面倒も増えますので、まず最初は通院をしないでも済む排卵検査薬を使ったタイミング法から挑戦しようと思う人も増えますね。
排卵検査薬は、基本的にいつ使っても良いとされていますが、朝一の寝起きの尿だけは避けるように指摘されています。
朝一の寝起きの尿は排卵検査薬で利用すると、正しい判定が出ない可能性がありますので、2番目の尿を使うのが良いそうです。
ただ、働いている人の場合、2番目の尿が出るころには、もう会社ってパターン!
午前中はミーティングやメールチェックなどで、やっぱり忙しい人も多く、トイレに行って排卵検査薬でチェックなんてしている暇がないケースも多いですよね。
やはり働いていると、専業主婦の人よりも、妊活は大変です。
そのため、仕事と妊活のプレッシャーでストレスを多く感じてしまう人もいますので、ほどほどに妊活を進めることが大事になってきます。
無理をすると嫌になってしまいますからね。