排卵検査の診察は簡単

!                          

タイミング法を実践するなら、産婦人科で排卵検査を受けるのが一番みたいです。なぜなら、排卵検査薬やオギノ式に頼るよりも、断然正確に排卵日を予測してもらえるからです。確かに、自分でやるよりも、専門機関の医師に予測してもらった方が、絶対安心ですよね。

 

しかし、病院での検査となると、とてつもなくお金と時間がかかるのではないでしょうか?その点が心配だったのですが、排卵検査に限ってはまったく問題無いとのことでした。まず、費用については、排卵検査に保険が適用される関係上3割負担となるため、1回につき1500円程度の出費で済むそうです。となると、排卵検査は、生理中か生理終了直後のどこかで1回受ければ良いそうですから、月1500円しかかからないんですね。

 

また、時間についても、排卵検査の診察はとても簡単なため、病院に着いてしまいさえすれば、すぐ終わるみたいです。具体的には、上の服をちょっとまくって、超音波を下腹部に当てて、卵胞の育ち具合や、黄体ホルモンの分泌状況を見るだけで終わるとのことでした。

 

そのため、産婦人科に1回行くくらいの時間的余裕がある場合、タイミング法の成功率を考えるなら、排卵検査薬やオギノ式よりも、排卵検査に頼るべきとのことでした。

 

 

妊活を意識したら記録したい基礎体温

 

排卵検査薬では寝起きの尿は利用しない方が良いと言われています。
寝起きの尿は濃度が濃くなりすぎてしまい排卵検査薬で偽陽性が出る可能性があると指摘をされているからです。
一番良いのは、やはり起きてからしばらく経った2番目の尿。
LHホルモンというのは、寝起きよりも、起きてから少し経った頃の方が、LHホルモンの分泌をしやすくなるので、正確な検査が出来ると言われています。
特に前日の影響を受ける朝一の尿は、どうしても誤判定も多いので、あまりテスターを無駄使いしたくない人は、避けるべきですね。
もしも朝一の尿を使ってしまった時には、夕方や夜になってから、もう一本排卵検査薬でチェックしてみると間違いがありません。
1日1本だけの排卵検査薬でのチェックでは、やはり正確なタイミングを掴むのが難しいので、「失敗かな」って思った時には、もう一回チェックするべきです。
特に基礎体温と全く違った反応を見せている時には、偽陽性の可能世が高いです。
基礎体温をつけていると、偽陽性を見抜くのにすごく役立つデータになりますので、必ず婦人体温計で基礎体温をつけるようにしましょう。
基礎体温をつけておくと、病院に行った時にも、話が早いのでおすすめです。