排卵検査薬は感度の数値に注意! 

 

排卵検査薬を選ぶ際は、どういった点に注目すると良いのでしょうか?よく挙げられるのは、値段みたいです。確かに、いざ妊娠して出産、育児となると、莫大な費用がかかることになる関係上、なるべく妊娠前の段階での出費は抑えておきたいところですからね。

 

しかし、値段だけに注目して、大量購入が基本な分単価が安くなっている海外製の排卵検査薬を買うと、安物買いの銭失いになりかねないそうです。なぜなら、安い海外製の排卵検査薬は、黄体ホルモンの検出機能があまり高くない場合が多いからです。つまりは、感度があまり良くないということです。

 

具体的には、排卵検査薬の感度は30~40 IU/Lが標準のところ、安い海外製のものだとそれを大きく下回るのだとか。そのせいで、体質的にちょっとでも黄体ホルモンの分泌量が少ないと、排卵の24~36時間前になってもくっきり陽性が出ず、適切な性交渉のタイミングをはかれないそうです。

 

せっかく排卵検査薬を使ったのに、これではあまりに勿体ないです。そのため、排卵検査薬を選ぶ際は、値段も大事ですが、ちゃんと感度にも注目すべきとのことでした。具体的には、感度が30~40 IU/Lを大きく下回るようなら、控えた方が無難だそうです。

 

都会と田舎で違う妊活へのプレッシャー

 

都会と田舎だと、妊活へのプレッシャーって本当に違いますね。
田舎は結婚が早く、子供を生めという環境があります。
でも、都会では女性が産まない選択を選ぶのも一つの幸せだと考える人がいますので、それほど夫婦間に子供がいるかどうかっていうのは気にしないですよね。
やはり田舎暮らしで、ある程度結婚してるのに子供が生まれないと、色々と言われてしまいますからね。
私の友達で田舎に住んでいる子は、やっぱり義母からの子作りのプレッシャーもすごいですし、実母からのプレッシャーもすごくて、嫌になってしまうと言っていました。
まあ、お姑さんが不妊にも理解があると良いですけどね。
ただ、同居していると子作りするのも排卵検査薬で寝起きにチェックするのもやっぱりきついものがありますね。
ただ、排卵検査薬はそもそも寝起きの尿は避けた方が良いと言われていますね。
同居だと妊活をしにくいので、やっぱり私は別居の方がいいかなって思います。
田舎は子供がいない夫婦だと、チョット目立ってしまうこともありますので、やっぱり都会で暮らすよりも、少し嫌な思いをする部分もあると思います。
都会は子供を生まない人もどんどん増えているので、妊活で苦しんでまで子供が欲しいと言う人もそれほど多くない部分があるかもしれません。